プロミスからの在籍確認さえいければ審査は通る!

年収は申し分ないし、信用情報も問題がない、となった場合に、最後に行われるのが「在籍確認」です。
これは、実際に申込時に伝えられた企業に勤めているのか、ということをカードローン会社が確認をとるための電話になります。

というと、「務めている会社にカードローン会社から電話がくるのは嫌だなぁ」「会社にカードローンを利用しようとしてることがわかってしまうんじゃ?」などと思われるかもしれませんが、そこはカードローン会社側も配慮をしています。

実際に在籍確認の電話をかける時には、「◯◯(担当者名)と申しますが、××さん(あなたの名前)はいらっしゃいますでしょうか?」などといったように、間違ってもカードローン業者の名前は出さないのです。
というのも、「契約者以外にカードローンの利用を通知してはいけない」ということが法律で決まっているからです。
プロミスなど、大手になればなるほどキャッシング会社は個人情報やプライバシーの保護を確実に行っていますので、間違っても「会社にキャッシング業者から電話がかかってくるのは嫌だし、架空の電話番号を申告してしまおう|架空の企業と番号でも大丈夫だろう」と虚偽の申告をするのはあなたの信用情報を無駄に傷つけるだけですので、絶対にしないでください。

ところで、在籍確認の電話はその時に本人がいなくとも大丈夫です。電話を取った他の社員の方が「××はただいま席を外しております」といった風に「この会社には××という人がいる」ような反応を返せば確認はとれるので、問題ないのです。

ですが、せっかく在籍確認の電話がかかって来たにもかかわらず、電話応対した人が名前を聞き間違ってしまったために「そのような社員はおりません」と返してしまうこともままあるかもしれません。
そうなってしまうと、「在籍確認がとれなかった」ということで審査に落ちてしまいます。
ですから間違いやすい名前の場合は、毎回電話応対をする人が決まっているのであれば、事前に「クレジットカードの申込をしたから、在籍確認の電話がくるかもしれない」というようなおかしくない理由をつけて伝えておくと、間違いはないでしょう。

いずれにせよ、勤め先への在籍確認はありますが、業者名でかかってきませんので、ご安心してください。

プロミスローン審査のポイントや口コミ・評判や借入限度額、審査時間、即日融資といったポイントを紹介。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ